増毛しても大丈夫?

  • サイトマップ(目次)
  • 増毛のメンテ お手入れ方法は?

    薄毛が気になりだすと育毛剤などで髪を増やすことに積極的に取り入れていくことですが、何より自然に増毛を実感したいと望んでしまいます。育毛剤だと劇的な実感は得られることも少ないので、増毛も考えるところではありますが、きちんとしたお手入れが必要になってきます。

    ちゃんとメンテナンスをしてあげることで増毛の寿命は延びるということなのですね。増毛にも様々な種類があるのですが、こちらではメンテナンスやお手入れ方法について詳しくご紹介いたします。

    増毛の種類

    結毛式

    自毛に人工毛を結びつけて髪にボリュームを与えていく方法です。根元の方に結びつけるわけですが自毛が伸びることによりジョイント部分が持ち上げられて浮いてしまいます。そのため月に1回から2回のメンテナンスが必要となります。

    接着式

    こちらは人工毛のシートを直接頭皮に接着していく方法ですが、自毛が伸びていくとシート自体が浮き上がってしまうこと、また放置していると蒸れたり被れの原因にもなります。こちら
    定期的なメンテナンスが必要となります。

    増毛剤

    黒い粉のスプレーを薄毛部分に振りかけることで頭を黒くする方法です。毎晩シャンプーで洗い流す必要があり、放置しているとダマになってしまいます。

    基本的に増毛で自宅において特別なメンテナンスは必要ありません。シャンプーもいつも通り行えます。ですが、洗髪の時にゴシゴシと力を入れて洗うより、指の腹を使って優しく丁寧に洗うことをおすすめします。またタオルドライもゴシゴシ拭くのではなく優しくふきあげましょう。ブラシも専用のブラシですと引っかかって増毛部分が抜けてしまう心配もないです。

    増毛中の髪が伸びてくると、通常の美容院ではなく、メーカー専用の美容院でカットが必要となります。普通のところですとせっかくの増毛も切られてしまいます。

    まとめ

    増毛中に自宅で特別なメンテナンスは必要ないのですが、専門の方にお願いするメンテナンスは大切だということなのですね。自然に髪のボリュームが高まり増毛を実感できるわけですが、放置していると大変なことになってしまうのだけは忘れないことが大変です。

    定期的なメンテナンスしてあげることで、増毛の寿命もグッと伸びますし、いつまでも若々しい髪型をキープできるのです。

    月に1回から2回のメンテナンスですが、貴重な休みを頭皮のために費すのか費用のことなども含めて無料相談や体験なども利用してみるのもいいのかもしれませんね。

    ページのトップへ戻る